Being up リーダー養成講座の課題から

写真は、Being up リーダー養成講座の課題です。
リーダーとして、セッションをする際
クライエントさんの「ない」を「在る」に変換するのではなく
元々「在る」を前提として
その種の芽吹きをどうサポートするのか

この視点、あり方が大切となります。

そのあり方の育みをサポートするために、
私は、講座の中で、どう工夫すればいいのか

リーダー養成講座を受講してくださる方々の中にも

元々「在る」
そのチカラを育み活かすためには?

うーんとうーんと考えて閃いた課題。

「自己決定→選択」
明確になっていいなーと思っています!

と自画自賛(笑)

そして、また、その先が閃いた。
セッションの過程が増えるかも。

そんな風に
出来立てホヤホヤのシート、プログラム。

澤田の元で学んでくださった0期の皆様
スタッフの懐に甘えながら

アドバイスやアイディアもいただき
一回一回豊かになって
とても良い講座内容となっていると感じます。

とてもありがたいことです。
感謝でいっぱい❣

🌸🌸🌸

Being up リーダー養成講座を受講すると

今ここに生きている人、全て
持っているチカラ、才能を使わずには、
生きられないことがわかります(笑)

「足りないものを補うのではなく
持っているものをどう使うか」

全ては、その人の中にある。

学びの実践をコツコツしていくと

人生の前提が「在る」に変わり

自分の心の動きを客観視し
その上で
自分の意思を明確化。

人生を主人公として生きられるようになるはず。

その分、責任も伴い

人のせい
環境のせいには、
できなくなるかも、ですけれどもー。

沢山の方に知ってほしいと思っています。

気づけるから
いつも愛と希望を持って生きていることに。

受けた方がいい講座です(^。^)
講座Hidamallyとともに✨

と言える私となったということが
驚きです。

でも

全く、エゴでも奢りでも、自信とも違う

そこに生まれたのは、貢献できる喜び。

自分らしさを強みと意識することで
愛からの社会貢献に繋げていける。

お一人おひとりの命への信頼を軸におき
全ての方の元々「在る」
その種の芽吹きを応援できること

その先には、平和な社会が広がっているとっています。

ちっぽけな私にも
できることがある。

今までとは、
見える世界が変わっています。

先日、ドキュメンタリーで放映されていた
「17歳 バスジャック事件」を観て思いました。

人間には、元々は、罪はないはず。

あの行動も
元々持っている力を「非建設的」に生かしてしまったいうこと。

元々持っているチカラを
「建設的」に生かす心を
沢山の子どもたちに、ママたちに届けていきたい。

元々、人間は自分への愛も他者への愛も持っている
優しくたくましい生命体だと思うから。

そのために
Being up プログラムは、お役に立てるプログラムです。

これも、私を信頼し
学んでくださった方々がいてくださった方こそ。

スタッフの
クークー
きみちゃん
のぐちゃん
いっちゃん
ひわちゃん

心強い仲間がいてくれたからこそ。

全てのことに感謝です❤
ありがとうねー!!

私も受けてみたい。
共に学び進めていく仲間になりたい!
そう感じる方いらっしゃいますか?

第1期、第2期、募集中です。
詳細は、まだ構築中ではありますが
being-up.com
こちらにて。

お待ちしております!

(澤田 有心子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です