代表あいさつ

Being Up協会 代表 澤田有心子

〜あなたはあなたのままでいい〜

ごあいさつ

年間自殺者数    20,000人強
若年齢層 自殺者数 増加傾向

この数字を見て、皆様は何を思いますか?

家庭・学校・職場
人と人が関わり、作られる社会の中で幸せに生きる人は沢山います。

しかし、生きづらさを抱える人が想像以上にいる現実を感じるのではないでしょうか。

その中で「私」にできること。
ご縁を宝にして繋がった「私たち」にできることはなんだろう。

と考えるようになりました。

若者の自殺が増えているこの社会の中で、これからの未来を担う子どもたちが生きる希望を持つためには?
何より、今を豊かに生きるためには?

私は、2011年、日本の子どもたちの自己肯定感の低さにショックを受けました。

内閣府が行った「子ども若者白書」でも、日本を含めた7カ国の中で【自己を肯定的に捉えている者の割合が低い】と分析されています。

〈参考〉
内閣府「子供・若者白書
平成26年 特集「今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~

その原因は何だろう?と考えた時、

Being up協会は、

『人が幸せに生きていくために必要な3つの自信を分けて意識できていないこと』

と結論付けました。

その「3つの自信」とは、

  1. 【Doing】行為の自信
  2. 【Being】心の自信
  3. 【Being up mind】命の自信

を指します。

【Doing】行為の自信
■目に見える行為の結果で育つ自信

【Being】心の自信
【Being up mind】命の自信
■目に見えない心の奥で育つ自信

と分けて考えます。

【Doing】行為の自信は、「テストで良い点をとれた」「運動が上手にできた」など、何かができたこと、目に見える成果で育まれる自信

【Being】心の自信は、「粘り強く頑張る力」「楽しむ力」「協力する力」「意志を活かす力」「自分は大丈夫だと思う力」など、目に見えない心の奥で育まれ、行動を支える支える気持ちで育つ自信

【Being up mind】命の自信は、「ただ在る命を認める力」「命を大切にする力」「命の価値・尊厳に対する誇り」など、命に敬意を抱く能力

とし、Beingup 協会は、Being up mind!命に敬意を抱く「能力」を意識をもって育んでいこう!と考えています。

この3つはどれも大切なもの。

しかし、誰もが他人と比較、評価し、「できない自分は人としての価値が低い」そんな気持ちになった経験があるのではないでしょうか。

本来は、何かが「できる」「できない」で人の価値が変わるはずはありません。

それはこの3つ自信が混同されてしまっているからだと思うのです。

では、比較や競争をしなければよいのか、評価がいけないのか、というと、そういうことではありません。

誰しも、できないことも、できることもあります。

不得意があってもいいし、得意があってもいい。

走るのが苦手な子、得意な子。
絵を描くのが、苦手な子、得意な子。
友達作りが苦手な子、得意な子。
一人で考える事が苦手な子、得意な子。

それぞれ平均的にできる子もいます。

社会の中で生きていたら、比較・評価されることもある。

 

私たち親が意識しないといけないことは

それでも、大丈夫!

苦手なことを、安心して苦手でいられること。

得意な事も、安心して秀でていけること。

つまりは、他者との比較の中で、自分らしくいることを保障すること!

ここが大切だと思うのです。

 

比較は、劣等感も生み出しますが、よりよく生きる原動力も生み出します。

大切なのは、目指したいのは比較・評価を避けることではなく、

Doing」「Being」「Being up mind」の違いを知り、分けて考えられるようになることだと思うのです。

それができると、誰もが個性・秀でた力をあたりえまに認め合い足りないところを補い合えるようになっていく。人と人とが協力しあう人間関係が生まれていく。

その先に、生きることに喜びや希望を抱く人が増え、幸せな笑顔が溢れ、安心できる家庭や平和な社会の広がりがある。

私たちは、そう強く思っています。

〜あなたはあなたのままでいい〜

Being up協会は、一人ひとりの「自分らしさ」「可能性」を、
そして「家族の絆」を応援します。